作品一覧

【耐震補強】ねばる面格子を使う

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpg

面格子は告示1100号により壁倍率0.6から1.0までと認定されています。
簡単にいいますと筋交いと同じ耐力をもつものとして認められているという事になります。
面格子の良さは初期の剛性は低いのですが粘り強いことが特徴です。
また格子ですから光をとりいれることと和風の美しさをだすことができるわけです。
伝統的な住宅や和室にしようすると効果的でしょう。

今回は10畳間の1間の障子が建っている箇所を面格子にしてみました。
応用編の面格子ですから技術解説書により耐力を計算により求めました。(日本住宅・木材センター発行)

2007年04月17日 登録

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.avekk.com/diarypro/diary-tb.cgi/5

トラックバック一覧