作品一覧

伝統的木造住宅の構面振動台実験レポート

(独)建築研究所 
2009年2月18日 / 防災科学技術研究所大型振動台施設において

 昔から私たちの住まいとして受け継がれた伝統的木造住宅は大地震に対してどれだけ強いのだろうか。その疑問を確認したいため実験見学に参加した。

試験体は写真のような標準的な形状で、柱は135mm角で足固めがあり土台なし、差し鴨居は120×240垂れ壁は厚さ70mmの土塗り壁。
以前は柱150mm角にて一度実験しているとのこと。

 この試験体に二回の地震動を使用する。一度目は人工地震波(BCJ-レベル2)二回目は兵庫県南部地震での神戸海洋気象台記録波を長て方向に加振した。

ファイル 9-1.jpg
《一回目加振後の状態》

 上の写真は一度目の人工地震波を加振後の状況。
加振しているときには構造体が横に揺れ柱に負荷が加わっているのがよく見えた。
しかしその後傾きは元に戻り土塗り壁が少々ひび割れた程度でした。
この後、被害の状況を係員が細かく調査したところ柱にも目に見えない程度の「ひび」があることが報告された。

 下の写真と最後の拡大写真は二度目の神戸気象台記録波を加振後の状況。

ファイル 9-2.jpg
《二回目加振後の状態》

差し鴨居と柱の仕口(接合部)箇所で「く」の字に折れて元の状態に戻らないくらい損傷している。柱は計6本あったが全て折れていることが確認できた。
垂れ壁のひび割れも多少拡大したがさほどでもない。垂れ壁(差し鴨居も含む)の強さより柱が弱い(細い)と危険であるということがよくわかる。

ファイル 9-3.jpg
《折れた柱と差し鴨居》

 地震被害は震度だけでは比較できないが、今回の実験はだいたい震度6弱程度で横揺れが大きなものであろうと推察する。
 木造住宅耐震診断において、伝統的木造住宅の垂れ壁付きの細い独立柱は、折損しやすいということがいわれていたが、今回の実験でまさにその状況を自分の目で確認することができた。

2009年02月24日 登録